<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

夏越しの花火

0

    JUGEMテーマ:音楽

    今年のおんぱら祭りの花火は、輝度が高かったような気がする。

    吹き上がり吹き落ちるきらめきが、夏帽子を押さえながら歩いた草むらのよう。

    ipodでお気に入りの「Vagabond Zapatos」を聞きながら、

    夏のかげろうの中を彷徨った午後。

    そして今夜は驟雨を聞きながら、再びの花火を観よう。

    Voxgroove Records * 多武峯幸彦 * 23:20 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    歌詞のページが出来たよ

    0

      JUGEMテーマ:音楽

      アルバム「Counter Clockwise」の歌詞のページが出来ました。

       

       「Counter Clockwise」lyricks

       

      元気をもらって、いやな季節を乗り越えよう!

      Voxgroove Records * 樫ゆうこ * 17:21 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      夏はアーバンなトランペットと軽いノリで

      0

        JUGEMテーマ:レコーディング

        先週はドラムのレコーディングで、3日間入ったにもかかわらず、オーケー出ず。

        マイクの数としょぼさが比例、前にもやったことが…

        気を取り直してBillie Valleyのトランペットでも聞こっと。

        夏はアルバム「Seagull Row」から「Chimney」「parakeet」など、おすすめ。

        軽いノリとアーバンな響きで涼しくペンギン

        Voxgroove Records * Billie Valley * 17:34 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

        Yuko Kashi「Counter Clockwise」 released

        0

          JUGEMテーマ:音楽

          Album "Counter Clockwise" of YUKO KASHI is released.

          YUKO KASHI is Japanese female and plays vocal & piano.

          This time she sings on the grooves of D.COCO.

           

          D.COCO offers many works to many artists.

          What's more, YUI MINATO's guitar plays the splendid role.

          The sound of his finger strings draws the unique world.

          That imspired KASHI's imagination.

           

          The illustration of album jacket is by YUKO.K who says,

          "Won't you play the fancy sounds by this pick?"

           

          All lyrics by YUKO KASHI.

          She matches these words with the grooves.

          And two grooves without words are offered to everybody.

          Let's try it!

           

          Voxgroove Records * 樫ゆうこ * 19:12 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

          ニューアルバム「Counter Clockwise」

          0

            JUGEMテーマ:レコーディング

             

            ニューアルバム「Counter Clockwise」、まもなくリリース!

            地球をくるりと一回りして出会う、日本語と英語。実は一番遠い、「端と端」の出会いではないでしょうか?

            英語圏の人が日本語を聞くと「パラパラと小石が降ってくる感じ」

            日本人にすれば何年学校で英語を習ったって「エイゴ!?むり、む〜り〜」

            でも、海外の人でも日本に興味を持ってくれる人もいるはずだし、日本人も面白いこと、考えてると、伝えたい。

             

            樫ゆうこ(かしゆうこ)プロフィール;

            「この海の向こう、お隣はアメリカなんだな」って思いながら育った。

            アーティスト名は、伊勢志摩地方の海岸に生える「ウバメガシ」と、20年近くお世話になっている、橿原から頂いた。

            都会で「アメリカでは、日本人は黒人よりもその他の人種よりも最低に思われている」と聞いてショックを受ける。

             

            日本人は自分の立場を理解していないのかもしれないし、その事についての全容は未だに解明されていない部分も多く、世代格差の大きい中で、誰もうまく説明できない。

            せめて、何を思っているか、自分から歌ったってバチは当たらないだろう、たとえばeucoのように。

            ただ、「『HANANO』と『De Nouveau』は良かったよ、ニホンゴだったからね」

            「『Love is just a love』が良かった…日本語だったし」と、ニホンジンに言われるのも残念。

            かといって、英語版と日本語版を出すのもなんか、違うし。

             

            樫ゆうこのアルバム「Counter Clockwise」もうすぐ配信します。お楽しみに。

            Voxgroove Records * 樫ゆうこ * 21:08 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

            On the groove

            0

              少し寒い雨が上がって、晴れれば高温注意報、この繰り返しにやっと体が慣れてきた今日この頃でしょうか?

              実はこの季節、この辺りではとても稀有な時期なんです。

              昨日もこっそりカメラを持って出掛けて来ました。

              参考;不審者に間違われないように撮るには、被写体にひたすら集中。

              そうすれば周りの人も何を撮っているのかわかって安心。

              さて、eucoの実験アルバムが、もうすぐ配信テーブルに載ります。

              現在ジャケット他あつらえ中。

              Yui Minato「Cloudy Glasses」の「batten song」や「Nu〜」のように、インストver.も入ります。

              今回のアルバム、ギターとGrooveは必聴、そして実験とは?乞うご期待>怖いもの見たさ

              Voxgroove Records * - * 13:46 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

              ジャズのオリジナル

              0

                「ジャズにオリジナルなんて、あるの?」と聞く人は、スタンダードナンバーの美酒のあまねく恩恵に預かっている人だろう。実にうらやましい話だ。

                ジャズはいろんな角度から見ることが出来て、その話になればゲーマーのスレッドに勝るとも劣らない量と内容があふれることだろう。とりあえずスタイルから行けば、eucoの「I Wait For You」とか「Always With You」とかもそう。セッションという意味であれば、先日の「わらしべ長者」に、「誰かが、(ピアノの鍵盤の)そこらへんで男の役をやってくれれば」誰とでも成立する。

                少し説明をすると、「金儲けに走るのは悪いことか」というポイントについて、ある男が長谷観音のおつげを聞いて豊かな暮らしにたどり着いたという話に「悪いところはどこもない」。

                「そんならそれを曲にしてよ」

                「アドリブなら」ということになって、eucoはまず「金も仕事もなく途方にくれた一人の男」から、演奏を始めた。

                そして「長谷寺の階段をのぼっていくところ」「わらに結んだブンブンを子どもが欲しがるところ」「みかんが絹三反になったところ」……文章で書くと長く感じるかもしれないが、楽器で演奏していくとこれが楽しい。話も弾む。

                とてもお店の営業時間で終わりそうにない。

                後半は供辞7で盛り上がりつつコンパクトにまとまったが、みなさん一度、牡丹の頃に長谷寺にお参りされると良い。

                空の中からあなただけの楽想がきっとあふれてくることでしょう。

                Voxgroove Records * ジャズ * 15:07 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                昨日も誰かの誕生日だった

                0

                  JUGEMテーマ:音楽

                  久しぶりに聞くアルバム、聞くたびに新たな発見がある。

                  D.Cocoの「Volcanic Zone」、飽きの来ないリズム・コンセプト、

                  voxのブースター、ベース・ソロ、ギター・ソロ、シンセ・マジック。

                  少しずつ動き始めた街の中に、春を感じながら、灯油を買いに行って来ました。

                  Voxgroove Records * D.Coco * 19:11 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                  もうすぐ春 La Passion

                  0

                    JUGEMテーマ:音楽

                    昨日、けっこう寒い冬空の下、wasanbonに出会った。

                    「どこ、行ってたんですか?」

                    「いや、梅を見に…」

                    「……」

                    「もう、ちょっとしか咲いてなかった」

                    まあ、あと1ヶ月もしないうちに桜の季節ですが。

                    wasanbonの「La Passion」、春の待ち遠しいあなたにホットコーヒー

                    Voxgroove Records * wasanbon * 13:32 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                    D.Coco待望のニューアルバム「Black Cherry」リリース

                    0

                      JUGEMテーマ:音楽

                      耳を澄ませば、言葉の意味がわかるようなわからないような……これは何語!?

                      あえて言えばロボット語、だろうか?

                      「歌」が聞こえるけれど、ジャンルは「ダンス・エレクトロニカ」に登録されている。

                      初○ミクのようなソフトは使われていない。

                      抽出されたVox、つまり、声の要素が、楽器として演奏されているのだ。

                      とても実験的だ。

                      「だれか歌ってくれないかな〜」から、「充分、おもしろいじゃんコレ」という、前向きな変化に納得できるものがある。

                      昔は(今もだけれど)、意味がわからなくても素直に外国の曲がかっこよく思えたなぁ。

                       

                      他にも実験的要素があって、たとえば表紙のどこを探しても、「Black Cherry」とは表記されていない。

                      8曲それぞれの個性と、聞く人の想像力が、この1枚の絵をいろんな表情に見せるのだ。

                      また、Mix Downには、D.Coco自らが組み上げた、あるアンプが使われている。

                      そのせいか、透明感のある、すっきりとした、見晴らしのいい仕上がりになっている。

                       

                      あるときは物憂い都会の空から、あるときはガラス細工の少女のハートから、見え隠れする「Black Cherry」の中の物語。

                      曲名はイメージを紡ぎだす重要な要素だが、ここにも造語が。

                      Adajo;Sopa De Ajo?  

                      Tabro;tab reverse osmosis operation? 

                      海水を淡水にしたり、水を殺菌したり。

                       

                      Automatonが、ついに歌うようになったか……

                      スタッフの感慨はともかく、皆さんもぜひ、聞いてみてください。

                       

                       

                      Voxgroove Records * D.Coco * 19:17 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
                      このページの先頭へ