<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

夏はアーバンなトランペットと軽いノリで

0

    JUGEMテーマ:レコーディング

    先週はドラムのレコーディングで、3日間入ったにもかかわらず、オーケー出ず。

    マイクの数としょぼさが比例、前にもやったことが…

    気を取り直してBillie Valleyのトランペットでも聞こっと。

    夏はアルバム「Seagull Row」から「Chimney」「parakeet」など、おすすめ。

    軽いノリとアーバンな響きで涼しくペンギン

    Voxgroove Records * Billie Valley * 17:34 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    Jazz In Feeling

    0

      JUGEMテーマ:音楽

      夕陽が曇り空に沈んで、何ともいえない灯火のように燃えるのを見ていたら、アナログコンソールの電圧が、静かに熱く音へと生まれ変わり、録音されていく感触を思い出した。Billie Valleyのアルバム「A Slight Smile of Time」のJazz In Feeling、一晩中続いた静かな熱いバトルを、もう一度全部聞きたいような気がした秋の夕暮れ。

      Voxgroove Records * Billie Valley * 20:26 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      今日もハンドルを握る

      0

        ミュージシャンのように現場から現場へ、楽器を車に積んで夜昼なく車を走らせる人は他にもいるだろう。それは体調とメンタルと眠気との戦い。「眠気が飛ぶ曲」「緊張感が途切れない曲」ということで、Billie Valley自らが作り出したアルバム「Seagull Row」。

        都会の道路をサバイバルするための、おすすめの1スーツだ。

        Voxgroove Records * Billie Valley * 08:50 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

        Seagull Row

        0
           「Seagull row」 amazonから、配信始まりました。
          Jazzとグルーブのコラボをお楽しみ下さい。
          もうすぐ、夏だ!体調を整えておこう……。
          Voxgroove Records * Billie Valley * 15:50 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

          ニューサイト……Billie Valley

          0
             アルバム「Seagull Row」のリリースに伴い、
            新しく出来ました→ Billie Valleyのサイト
            「南港(なんこう)」と愛称される、大阪の風景がご覧になれます。
            Voxgroove Records * Billie Valley * 08:17 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

            アルバム「Seagull Row」国内先行販売開始

            0
              Billie Valleyのセカンドアルバム、「Seagull Row
              国内、先行リリースが始まりました。

              1)Foggy night
              2)Constellation
              3)Gadfly
              4)Chimney
              5)Black Horse
              6)Reflection
              7)Ashi
              8)Parakeet
              9)Seagull Row

               考えること……内面を構築する……日常に呼びかけ……
               受け取る……待つこと……行動すること……どれが結果だろう?

              全9曲

              Voxgroove Records * Billie Valley * 15:09 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

              アルバム"Seagull Row"

              0
                Billie Valleyのニュー・アルバムのタイトルが、

                Seagull Row”に決定しました。

                 横浜の本牧あたり・・・あるいは横須賀・・・
                 大阪は安治川が海に注ぐあたり・・・南港・・・
                 ため息を暮れかかる空に刷り込み、貴方は探した。
                 そこには小さな工場があって、カモメが飛び交い、
                 働くニンゲンがいて、その人には母や子や、妻やトモダチがいる。
                 そんな秘密を語りかけて来る風景がどこかにあるはずだと。

                Seagull Row,近日発売。
                Voxgroove Records * Billie Valley * 22:28 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                トランペットで乗りきろう夏

                0
                  ビリー・ヴァレイ(Billie Valley)のセカンド・アルバムが、
                  Coolなトランペット・ジャズ・サウンドとなって結実した。

                  ジャズ・トランペットの王者と言えば、マイルス・ディビスだが、
                  そのスタイルによって、様々に好みの分かれるところではあろう。
                  「Autumn Leaves」に代表されるような、クールでスタンダードな作品から
                  「死刑台のエレヴェーター」のようなキレッキレの即興サウンドまで、アグレッシヴ、
                  かつ温かみのあるサウンドは、今も多くの人を魅了してやまない。

                  Billie Valleyの今回のアルバムは、エレクトロ・マイルスを継承した形で、
                  Dr.,Bass,Guitar,Keyboard,Trumpet,Saxが、モードとポリリズムを駆使して、
                  独特の世界を紡ぎだしている。骨太で、こだわりの1枚だ。
                  6月リリース予定。どうぞご期待下さい。

                  Voxgroove Records * Billie Valley * 17:29 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                  Billie Valleyのトランペット!

                  0
                     たいていの人が求めているのは安心と安定と安全だ。
                    母のぬくもりと胎内の鼓動。
                    でもそれが手に入らないとなると、人は怒る。
                    わめく。泣き叫ぶ。

                    でも、大人だから、そんなみっともないことはできないので、
                    代わりに、怒り、わめき、泣き叫ぶ何か、
                    たとえば、Billie Valleyのトランペット、とかー
                    を見つけて、自分たちのうさばらしをする。
                    すると元気が出てくる。

                    そんな狂騒の世界では生きられない弱い人は、
                    角を曲がったところ、
                    たとえばD.Cocoのファンタジック・サウンドとかー
                    を見つけて、ふと微笑んでみたりする。
                    それを見た別の人が「こんな生き甲斐のない世界でも、
                    笑っている人がいるじゃないか」と
                    勇気づけられたりする。

                    でも、世の中甘くない。やっぱり笑っているだけじゃ、
                    前には進めないんだと、すぐに気づかされる。
                    たとえばBillie Valleyのサックスとかー
                    になだめすかされ、はげまされ、何もしない事に決着をつけ、
                    結局歩き出す事が、安心と安定と安全につながって行く。

                    うまくできてんじゃん。

                    ってか、リリース遅れてスビバセンT_T
                    スタジオのシステム変更で、今日やっと机が届きました。
                    お詫びに今日のおすすめ曲ーーーー
                    ザ・ハイロウズ「一人で大人 一人で子供」
                    Voxgroove Records * Billie Valley * 04:44 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                    初売り3周年記念週間

                    0
                      来たる11月13日は、Billie Valleyの「A Slight Smile of Time」の
                      初売り3周年記念日。自分たちでも楽しもうと、かけたCD、
                      このCD、かかっていると、もう、仕事がはかどって、はかどって。
                      こんな難しい曲をもう1回演奏するくらいなら、
                      レポート書かせて頂きますっ、サイナラ、っちゅうくらいの勢い。
                      「脳が活性化する」というてはる方もいはりまふ。
                      なんで、関西弁?この、このフレーズがなぜか、関西弁に!?
                      Yes, this is the American English!
                      ワーナー・アメリカ最後のプロデュースといっても過言ではない
                      このアルバム、さすが、聞きごたえのある作品ですな。
                      渋滞中の車の中で聞いたら、大ウケ必須ですわ。
                      サックス、ピアノ、ウッドベース、ドラムで、
                      ここまで世界が広がったら、音が楽しめます。
                      フルート、マレットもステキ。

                      先日来、お騒がせ致しておりました、azaのまちがい「explicit」、
                      無事、訂正して頂きました。
                      Thank you for CD Baby coming soon with good jobs!

                      iTunes Store では「aza sun seeds」でご検索を。
                      amazon.co.jpでも、「aza sun seeds」でご検索を・・なんと。
                      ただいまのところ、IMPORTとなっていますが、
                      近々、国内版になる予定!
                      がんばろう〜
                      Voxgroove Records * Billie Valley * 21:41 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
                      このページの先頭へ