<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

地球と共生する

0

    JUGEMテーマ:音楽

    地球という星の営みが、人間の暮らしをおびやかす。

    自分を守る手段は、逃げること。

    飛んでくる大岩から逃げ、迫り来るTSUNAMIから逃げ、燃えさかる森から逃げ。

    そして、また同じ場所で、新しい一日が始まる。

    できることならば、ささやかな喜びを分かち合いたい。

     

    D.Coco「Volcanic Zone

    地球や野生との共生への、祈りが込められている。

     

    Voxgroove Records * D.Coco * 09:31 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    楽しい夜のひとときを

    0

      JUGEMテーマ:音楽

       

      雨にもかかわらず、床と格闘して頂けるなんて、幸せものです。

      もう、お帰りになったかなぁと思ってリフォーム中のスタジオに行ったら、

      飾り電灯の下、ちょーちょーはっしのお仕事中で、あえなく退散。

      EDION,Book offと廻って空を見上げると雨が雪に。

      もうすぐ旧正月だ。

       

      音楽のちょうちょうはっし→D.Coco「Black Cherry」

      Voxgroove Records * D.Coco * 12:07 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      中距離トラック

      0

        JUGEMテーマ:音楽

        Voxgrooveの多くのトラックを手がけている、トラックメーカー、

        D.Cocoのアルバム「Automaton」のリリースから、今日で7年目。

        生ギター、生ベースとのコラボレーションは、力強く、今なお新しい。

        今後の展開が待たれる。

        Voxgroove Records * D.Coco * 16:15 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

        青い夏

        0

          JUGEMテーマ:音楽

          田んぼも空もまだ、青々している。田舎には田舎なりの町があり、伝説がある。

          岩陰に、人があてにしようが、忘れようが、今もこんこんと沸き続ける泉がある。

          そして廃屋。それは捨てられた何かの形骸、ではない。

          誰かを招き入れる、招き猫、あるいは狸の置物のようなひょうきんさを、

          うらうらと照る陽射しをかわす葉陰の下に、見かけなかったか。

           

          アルバム「Soiree」より ”Cafe de Faubourgs"

          Voxgroove Records * D.Coco * 20:28 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

          あのころの火山

          0

            JUGEMテーマ:音楽

            あのころ山はたまに噴煙をあげるものだと思っていた。

            今では、日本列島の背骨が火山で出来ているのも知っているし、地球規模で数えれば、一日に1回以上、どこか噴火していると聞く。

            これからも、そんな地球と、うまくつきあえればいいのだが。

             

            D.COCO「Volcanic Zone」

            遠くに見える火山の麓に広がる豊かな自然と、そこに暮らす生き物たちの日常。

            Voxgroove Records * D.Coco * 14:47 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

            音の造形

            0

              JUGEMテーマ:音楽

              年明けから、スピーカーのモニター会。ミックスダウンしている環境と、聞いて頂いている環境は違うはず。千差万別の音楽環境に対応するには、何がベストか?大体全部に対応できるのか?私たちが聞いてよければ、問題なしとするならば、今年の耳はYAMAHAかな?スタッフはヘッドホンが重要と思いつつ、AKGでもイヤホンでも、聞けるひとときを大切にしたい、と思うのでした。

              Voxgroove records11年目、少し周りのことも考えなきゃね、と思いつつ、カホンを引っ張り回す一日、本年もどうぞよろしく。

               

              音の造形家D.Cocoのアルバム「Black Cherry」発売1周年記念日;

              穏やかな密の世界Tabro,曲名どおり実験的な空間取りが面白いAbstract,ユニークな語り口のAdajoなど、聞いてみてね♪

              Voxgroove Records * D.Coco * 16:26 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

              胸の鼓動

              0

                JUGEMテーマ:音楽

                C言語を一個も覚えなくてもプログラムできるなんて。

                これからは、誰でも、ロボットに手伝ってもらえる時代かも。

                まず、やって欲しいことをみつけて、それを強く強く、ヒトが願えば…。

                   D.Coco「Automaton」

                君の鼓動をそのまま伝えよう。

                Voxgroove Records * D.Coco * 11:07 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                秋へのプロムナード

                0

                  JUGEMテーマ:音楽

                  ホテイアオイが満開だ。彼岸花とのコラボを見たい人は気をつけなければ。

                  9月中旬まで橿原市の本薬師寺跡で見られる、というのだが、毎年、まだ夏なのかもう秋なのかと思っている間に、そのパープルとオレンジフラッシュの火花は通り過ぎてゆく。

                   

                  永遠のきらめきは☆D.Coco「Soiree」

                  おすすめは「Moon Flower」「masque invisible」など

                   

                  Voxgroove Records * D.Coco * 15:39 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                  昨日も誰かの誕生日だった

                  0

                    JUGEMテーマ:音楽

                    久しぶりに聞くアルバム、聞くたびに新たな発見がある。

                    D.Cocoの「Volcanic Zone」、飽きの来ないリズム・コンセプト、

                    voxのブースター、ベース・ソロ、ギター・ソロ、シンセ・マジック。

                    少しずつ動き始めた街の中に、春を感じながら、灯油を買いに行って来ました。

                    Voxgroove Records * D.Coco * 19:11 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                    D.Coco待望のニューアルバム「Black Cherry」リリース

                    0

                      JUGEMテーマ:音楽

                      耳を澄ませば、言葉の意味がわかるようなわからないような……これは何語!?

                      あえて言えばロボット語、だろうか?

                      「歌」が聞こえるけれど、ジャンルは「ダンス・エレクトロニカ」に登録されている。

                      初○ミクのようなソフトは使われていない。

                      抽出されたVox、つまり、声の要素が、楽器として演奏されているのだ。

                      とても実験的だ。

                      「だれか歌ってくれないかな〜」から、「充分、おもしろいじゃんコレ」という、前向きな変化に納得できるものがある。

                      昔は(今もだけれど)、意味がわからなくても素直に外国の曲がかっこよく思えたなぁ。

                       

                      他にも実験的要素があって、たとえば表紙のどこを探しても、「Black Cherry」とは表記されていない。

                      8曲それぞれの個性と、聞く人の想像力が、この1枚の絵をいろんな表情に見せるのだ。

                      また、Mix Downには、D.Coco自らが組み上げた、あるアンプが使われている。

                      そのせいか、透明感のある、すっきりとした、見晴らしのいい仕上がりになっている。

                       

                      あるときは物憂い都会の空から、あるときはガラス細工の少女のハートから、見え隠れする「Black Cherry」の中の物語。

                      曲名はイメージを紡ぎだす重要な要素だが、ここにも造語が。

                      Adajo;Sopa De Ajo?  

                      Tabro;tab reverse osmosis operation? 

                      海水を淡水にしたり、水を殺菌したり。

                       

                      Automatonが、ついに歌うようになったか……

                      スタッフの感慨はともかく、皆さんもぜひ、聞いてみてください。

                       

                       

                      Voxgroove Records * D.Coco * 19:17 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
                      このページの先頭へ