<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

山のかなたの鳥が舞う

0

    JUGEMテーマ:音楽

    年の瀬を迎えると「商売繁盛」「来年もよろしく」と挨拶する機会がふえるわけですが、「商売」は「あきない」と読み、「飽きない」で、こつこつと続けることがコツだったりします。

    音楽の好きな人は日々の想いを歌にする、文を書くのが好きな人は日々の出来事を日記や詩に書く、スポーツの好きな人は接待にゴルフや観戦ツアーを組む、など、自分の楽しみと商売のうまみがどこかでリンクしていると、苦労をしても、それは乗り越えたときの喜びに巡り会うための山だったと思えるのかも。

    Euco Piano Trio「Always With You」

    自分は本当はなにがやりたかったのか、振り返って見るのも、忙中閑あり、この季節ならではのひととき。

    Voxgroove Records * Euco Piano Trio * 12:35 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    アラレガハナニ

    0

      JUGEMテーマ:音楽

      今日は突風の中から霰がばらばらと降ってきて、たまたま外に出ていたスタッフの鼻がかじられた!でも今は静かなイヴイヴを迎えています。

      先ごろ、あるジャズの名曲の出版年をご覧になった、ご婦人曰く、

      「1943年……私が生まれた年だわ」

      70才をいくつか超えられて、やっとお好きなジャズを歌うお時間が出来たとの事。

      本当の至福はまだまだこれからですね。

      こんな夜にはEuco Piano Trioの「Always With You」はいかが。

      空からの素敵なキッスをあなたにゆき

      Voxgroove Records * Euco Piano Trio * 22:46 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      クリスマスには夢を見よう

      0
        自分ひとりなら、肩をすぼめて、他人様の軒先を借りることも出来る。
        でも、愛する人や、ペットや、愛してくれる人がいたら?
        酸っぱい夢を噛みしめながら生きる、そんなテーマが多いアルバム「Always With You
        その中で、朝の動き出しをテーマにした曲が、「Escoar」だ。
        そういえば、今日も一人、元気印のアーティストがレコーディングにやってくるゾ。
        そろそろ、スタジオを、あっためねば♪〜♪〜

        Voxgroove Records * Euco Piano Trio * 11:06 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

        I Wait For You

        0
          Euco Piano Trioのセカンドアルバム「I Wait For You」が
          近日リリースされる。

          EUCOのヴォーカル&ピアノと、前アルバムと同じメンバー構成。
          作詞作曲EUCOで、スタジオライヴテイストのジャズアルバム。

          表題曲の「I Wait For You 」は、SAXヴァージョンでは、
          とあるJAZZフロアのテーマ曲として流れている。

          「Buckwheat Song」「Canal」など、
          エキゾチックでBigBeatなダイナミックスに溢れた曲のほか、
          「Wisper has gone」などEUCO好みの、夜と昼のはざまや
          「Goes On Child」の無国籍ブルースマーチなど、
          盛りだくさんな世界が収録されている。全9曲。

          今ハイレゾ音質が話題になっているが、音の持っている味わい、演奏者のパワー、
          いわばジャズが持っている、本質的なライブ感を表すためには、
          この方法が一番、と感じるスタジオの方針がよく表れている音作りになっている。
          Voxgroove Records * Euco Piano Trio * 01:23 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
          このページの先頭へ