<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< エラー?アンビエント!?ERROR!! | main | EUCO「Out Of Bamboo」のバルク >>

エラーVSエラーレート

0
    マスターディスクが一度仕上がった段階で、モニターされた時は、
    夢の出来上がり、だったのに、一体どこでヒズミが発生したのか。

    mp−3でオンラインにのったのも、エラーレートがなかったからだ。
    CDプレスも、エラーレートが検知されていれば、そこでストップだ。
    なのになぜ、トランペットの音がひずんだまま、プレスされてしまったのか?

    D.Cocoの「Lab Tree」は、シンセ音源と、生演奏の他、
    生演奏されたものを独自にサンプリングして音源化されたものがあり、
    それら音のコラージュが、強力なメロディーラインのもとに配置されている。
    モニターされたマスターディスクは、44.1khz/16bitで仕上がった後、
    さらなる音質、音圧アップをめざして、24bit/96khzに変換された。

    CDにするためには、これを再度16bit/44.1khzに封入しなければならない。
    この際、実は多くのエラーが出たのだと言う。
    すべてのエラーは手作業で処理され、16bit/44.1khzに仕上げられた。
    この時にエラーレートはゼロになっていた。
    そして、マスターDiscは送り出された。

    今回CDになってみて、ヒトの耳で聞いて、ヒズミは認識された。
    ヒズんだ「トランペットの音」は独自に制作されたサンプリング音だった。
    演奏者はBillie Valley,サンプリング音源として処置されたはずのものが、
    CDで、暴れ出したのだ。
    「時間がないっ!出動だ!」は今回限りにしたい。
    テストの足りないメカほど、恐ろしいものはない。




    Voxgroove Records * CDPress * 13:07 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ